福岡西つつみ眼科

WEB予約はこちら

診察予約状況

お知らせ

  • 子供の近視

    昔と比べ、スマホを使うなど生活様式の変化もあって近視人口が増加しており、子供の近視での受診が増えてきております。 子供が目を細めて見たりする、黒板の字が見えにくくなったなどありましたら一度視...

  • 6月1日から手術を開始します

    当院では令和2年6月1日から手術を開始します。福岡での緊急事態宣言は解除されましたが、手術の時もウイルス感染対策を引き続き行っていきます。

私たちの理念

自分が受けたい、大切な人に受けさせたい、誠実な医療を行います
質の高い眼科医療を提供し、地域医療に貢献します

堤孝之院長

福岡西つつみ眼科 院長 堤 孝之 (つつみ たかゆき)

白内障手術ならおまかせください

「福岡西つつみ眼科」院長の堤 孝之(つつみ たかゆき)です。
この度、ご縁があり福岡市西区で開業させていただくことになりました。

長らく大学病院や総合病院に勤務しておりましたので、子供からお年寄りまで眼科全般の診療を経験してきました。私が最も得意とする手術は、白内障手術で、難症例の経験も豊富です。
また、緑内障の治療や研究、網膜・硝子体の病気(糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症など)、結膜炎、ものもらい、ドライアイ、花粉症(アレルギー)などの診療も数多く行ってまいりました。
院長・副院長ともに、緑内障の研究にて博士号を取得しており、緑内障治療の研究で、特許申請やPCT出願(国際特許出願)も経験しました。このような研究を通して普段の診療の幅がさらに広がりました。

これまでの経験を、地域医療に還元し、皆様からの信頼が得られるようこれからも努力し続けていきたいと思います。

当院では、白内障手術をはじめ、緑内障のレーザー治療・手術など、あらゆる検査・手術に対応できるよう、最新の医療機器を多数導入しております。

診療において心がけていることは、自分が受けたい医療、家族に受けさせたい医療を行うということです。相談しやすい雰囲気とわかりやすい説明のもと、少しでも患者さんの不安を取り除けるよう努力してまいります。
一人ひとりに最適な治療を考え、地域医療に貢献していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。